Flutterビルドエラー対処法(Code::Stats Viewer)

グラフを扱う参考にしようと「Flutter Awesome」から良さげなサンプルを発見したので手元の環境にinstallしたもののビルドできず・・・。

ビルドエラー対処

エラー対応:1/3

以下のエラーが赤字でドサッと目の前に。

codestats_flutter depends on charts_flutter from path which doesn't exist (could not find package charts_flutter at "..\charts\charts_flutter"), version solving failed.

charts_flutter」はグラフ描画のGoogleライブラリなので、これがないとこのサンプルアプリは何も始まらないんじゃ・・・。と思いながらpubspec.yamlを開き、以下の様に変更。

ちなみに2020年5月20日時点最新は「0.9.0」の模様です。

参考:https://pub.dev/packages/charts_flutter

エラー対応:2/3

ビルドエラーは続きます。

the method 'diohttpheaders.add' has fewer named arguments than those of overridden method 'httpheaders.add'.

同様のエラーが何件か出力されました。pubspec.yamlを再度開き、以下の様に変更。HTTPライブラリのバージョンが古くイケてなかったようです。何も考えずに最新化。

ちなみに2020年5月20日時点最新は「3.0.9」の模様です。

参考:https://pub.dev/packages/dio

エラー対応:3/3

3つ目は以下のエラーが数カ所で発生。(これで最後のエラーです。)

instance member 'prepare' can't be accessed using static access.

FlutterMidi.prepareをFlutterMidi().prepareに変えてあげます。類似のエラーは同様の対処でOKだと思われます。

私の環境では以上で動きましたが、すんなり動かない場合もあるかもしれません。ご参考まで。

※補足:AddUserで指定するのは「Code::Stats」のアカウントです。

当サイトで使用しているWPテーマ

<初心者でも簡単に利用することが可能な高品質高機能ワードプレステーマ>

品質・機能共に非常にハイスペックなWordPressテーマでありながら、HTMLやCSSといった知識が無くとも画面操作のみで美しいデザインのブログを簡単に構築することが可能となっています。カスタマイズ性に富んでいる為、同じテーマを使っているサイトと似たようなデザインにもなりにくく、オリジナリティ溢れるサイトデザインを作り上げる事が出来ます。

デザインのみならず、Googleの規約に準拠したSEO対策、無期限・無制限で利用可能なメールサポート、継続的な機能追加(バージョンアップ)等々、サイト構築・運営にひとしきり必要なサポートが非常に手厚いのも特徴です。

また、Diver開発にはアフィリエイトプログラムの開発に携わっていた技術者が思考をこらした工夫が盛り込まれており、収益化を目指すブログに最適なテーマとなっています。更に一度購入すれば自身が所有する複数サイトに追加料金なしで適用できるというお値打ち仕様も魅力の一つとなっています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事