ESETでZOOMのWebカメラアクセス許可を設定する方法

ZOOMはオンライン会議からオンライン飲み会からまで自宅で使う機会も多くなりましたね。ESETでデバイスコントロールが設定されている場合、ZOOMでWebカメラを使うためにはZOOMアプリケーションに対して使用許可を与える必要があります。手順は簡単なので本記事を元にサクッと設定しちゃいましょう!

ESETでZOOMのWebカメラアクセス許可を設定する方法

ZOOMを起動する

ZOOMを起動したら、画面左下の「ビデオの開始」→「ビデオ設定」へ進みます。

ビデオ(Webカメラ)利用に際して、ESETから以下の確認画面が表示されるので「このアプリケーションを記憶する」を選択し、「アクセスの許可」を押します。

ZOOMのビデオ設定画面でWebカメラがプレビューされていれば、Webカメラのアクセス許可が設定出来ています。

ESET上での許可設定を確認する方法

ESETのメニューより「設定」→「詳細設定」へ進みます。

デバイスコントロールメニューのWEBカメラアクセス制御より、ルールの「編集」を押します。

認識されているアプリケーション毎にアクセスの許可、禁止を設定できます。「確認」を選んだ場合は利用の都度アクセスを許可するかどうかを尋ねられます。ZOOM上でビデオ設定を行う際に、ESETからのアクセス許可確認が表示されない場合は当画面にて「アクセスの禁止」が設定されていないかを確認ください。

当サイトで使用しているWPテーマ

<初心者でも簡単に利用することが可能な高品質高機能ワードプレステーマ>

品質・機能共に非常にハイスペックなWordPressテーマでありながら、HTMLやCSSといった知識が無くとも画面操作のみで美しいデザインのブログを簡単に構築することが可能となっています。カスタマイズ性に富んでいる為、同じテーマを使っているサイトと似たようなデザインにもなりにくく、オリジナリティ溢れるサイトデザインを作り上げる事が出来ます。

デザインのみならず、Googleの規約に準拠したSEO対策、無期限・無制限で利用可能なメールサポート、継続的な機能追加(バージョンアップ)等々、サイト構築・運営にひとしきり必要なサポートが非常に手厚いのも特徴です。

また、Diver開発にはアフィリエイトプログラムの開発に携わっていた技術者が思考をこらした工夫が盛り込まれており、収益化を目指すブログに最適なテーマとなっています。更に一度購入すれば自身が所有する複数サイトに追加料金なしで適用できるというお値打ち仕様も魅力の一つとなっています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事